おすすめの育毛剤

頭皮環境を整える

毎日のケアが大切

>>ツゲイン5%を購入したい方はこちら<<

育毛剤でよく名前が挙がっている医薬品なのがプロペシアですよね。

プロペシアも初めて育毛効果が認められた医薬品なのですが、その分ちょっと副作用が強いことが懸念されています。

元々、前立腺肥大症治療薬として使われていたのですが、その副作用として育毛が認められてそのまま医薬品として販売されたのです。

ただし、プロペシアの主成分であるフィナステリドでは妊婦さんは触ることすら危険と言われているほど副作用が強くて、最悪胎児に影響を与えてしまいます。

他にも勃起不全だったり、性欲減衰、精子の活動が低下をしてしまったりといった報告もあるので妊活中の人や子供が欲しいと思っている人にはオススメできません。

ここでオススメしたいのがミノキシジルです。

元々高血圧の患者に血管拡張剤として処方されていましたが、副作用として発毛促進効果が発見されて以来、頭髪が薄くなってきたり、頭頂部の薄毛にお悩みの方のための育毛促進剤として発売されました。

フィナステリドほど副作用も強くなく、ミノキシジルの副作用としてはおもに、頭皮のかゆみだったり、むくみ・頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状が挙げられます。

また大正製薬が行った臨床検査によるとミノキシジルによる副作用が確認できたのは全利用者中の10%以下とされています。

育毛というのは非常に長い期間、継続的に使用することが挙げられるのですが、やはり副作用が辛いと中々継続する気になれません。

ですのでまずはしっかりと継続利用できるほうが育毛にはいいですし、ストレスを感じながら育毛をしても逆にストレスによって負担になってしまいます。

だからこそ育毛剤としてはミノキシジルがオススメできるのです。

ただし、いくら効果が高い育毛剤を使っていたとしても注意をしなければいけないのが頭皮環境をしっかりと整えることが出来るかどうかが重要です。

暴飲暴食を繰り返していたり、アルコールを過剰に摂取したり、夜更かしをしたりしていたら当然頭皮環境も悪いです。

また髪の毛の洗い方が雑だったりすると当然髪の毛に悪影響を与えてしまうことにもなります。

どうしても髪の毛を育てる育毛をするとなったら育毛剤だけに意識が集中してしまいがちですが、大事なのは常日頃の生活環境がしっかりと整っていないと何の効果も得ることはありません。

逆に頭皮環境を整えていない状態で育毛剤をつけてしまうと逆効果になってしまうので気をつけましょう。

頭皮環境が整っていなかったり清潔でないと育毛剤が逆に汚れや皮脂の原因となってしまうことがありますので、まずはしっかりと頭皮を洗うということをして下さい。

そして髪の毛にいい食材、たんぱく質や亜鉛などをサプリでもいいので取り入れることが大事です。

特に亜鉛は現代人が足りていない栄養素の1つと言われています。

事実亜鉛が豊富に含まれている牡蠣漁にハゲはいないといわれているほどです。髪の毛には必要な栄養素です。

たんぱく質を髪の毛にいい栄養素に加工するのが亜鉛ですので亜鉛は積極的に摂っておきましょう。

>>ツゲイン5%を購入したい方はこちら<<