運営側も繁盛

見る回数が増える

アダルト業界は今大きな転換期を迎えていると言っていいでしょう。しかも個人的な意見としてはいい方向にまわっていると言っていいでしょう。

もちろん何か大きな変化が生まれたときというのはメリットデメリットの両側面が必ずと言っていいほど出てきますがアダルト業界ではいい面のほうが強いと感じております。

ここでは特に出演するおもに女優が感じる善し悪しについて語っていきたいと思います。最初にデメリットというのはある意味裏表ということになりますのでよくない点というのは見ている側がありがたみがなくなってくるということです。今までレンタルショップや購入することでしか見れなかったものです。

映画のように簡単に借りれるというものではありません。レンタルショップにいったらアダルトコーナーに入っていくというのは自ら今からエッチな動画を借りていきますよ!という宣戦布告にほかなりませんのでこうなってしまったらもう恥ずかしくて顔から火が出てしまいそうになるわけです。

それがインターネットで簡単に見れることになるわけでいつでもどこでも見る側としては気軽に見れるようになりましたが、出演している側として一つの作品をちゃんと見てもらえなくなってしまいますので飽きられるのが早いというデメリットのほうが強いでしょう。

逆にいい面というのは一躍スターダムにのし上がれることになるからです。前々だったら色々と本数をこなしていってその中で多くの目に留まってもらわなければトップ女優になるのは難しいですが、インターネットでかわいいとか見応えがあるという評価を受けたら一気に広まっていく可能性もあるということが何よりのメリットになるのではないでしょうか?

一度気に入られたらファンがつきやすいのも確かですのでビッグチャンスをつかみやすくなるのです。このご時世ではライバルが多いのもありますがその中で一歩抜きんでた存在になるとイベントにも呼ばれることになるでしょう。

インターネットが誕生したことはメリットのほうが強いと言えるでしょう。

ページのトップへ戻る