厳しい競争社会

生き残れる分野なのか

アダルト業界はもはや数すくない出演がその中でお金に困っている人が仕方なく作品に出演しているというわけではなくなってしまいました。それこそ社会経験を一度も経験しないでいきなりこの業界に足を踏み入れているという若い人も中にはいるぐらいです。

今や夜の業界全体でいえば統計学上で言うと日本人の10分の1の女性が夜の業界で働いているという人がいるぐらいです。単純計算で人口一億人の半分の5千万人の10分の1ですから500万人近くが夜の業界で働いているほどのものすごい数になります。

もちろん500万人すべてアダルト業界で働いているわけではありません。それでもその中の1%でもav女優としているのであれば約5万人ですのでものすごい数字になりますよね。非常に多くの女性がこのアダルト業界に在籍しているということになりますからたくさんの女性がライバルとなっているのです。

少しでも気を抜けばあっという間に蹴落とされて業界からはじき出されてしまいます。芸能人も熾烈な争いかもしれませんが、それに負けないぐらいの規模に今なっていると言っていいでしょう。

冷静に自分でこれだけの数の中で勝ち残れると思いますか?今はさらに言えば芸能人のアイドルよりもかわいくてスタイル抜群の女性が出演していると言われているぐらいですから競争が激しいのです。

前はちょっとアイドル並みにかわいかったらちやほやされていましたが、今は容姿が優れているのがスタートラインとなっております。

ハードルがものすごく高くなっているのが現状ですからそのライバルの中で勝ち残っていくのはよっぽどの運と容姿を持っていなければなりません。

かわいいとはじめはちやほやされるかもしれませんが、出演すればするほど人の価値というのが下がっていくのがこの業界の特徴です。

ライバルが多いので本気で生き残るのが難しくなってきております。

ページのトップへ戻る